▶︎▶︎厳選おすすめ物件はこちらをクリック▶︎▶︎

不動産のプロがおススメする支援制度

住宅購入やリフォームの際に利用できる支援や、公的な補助金があることをご存知ですか?
今回は意外と知られていないけど知っておきたい制度をご紹介します!

まずはランキングをご覧ください!

トップは「住宅ローン減税」と「市区町村独自の補助金
税制優遇や補助金制度など、住宅購入やリフォームには特典が多いものです。
しかし、案外その詳細まで知らずに利用していない人も少なくはないのではないでしょうか。
高い金額となる住宅関連費、少額でも戻ってくるので賢く使っていただきたいです。

不動産会社のスタッフに、これから住宅を購入する人にお勧めしたい、意外に知られていないが知っておくべき制度(複数回答)を聞きました。
住宅取得では「住宅ローン控除」が55.8%で第1位
この控除(減税)は、所得税の課税に当たって住宅ローン残高の一部を税額から控除する制度で、年末時点でローンの残高の1%に当たる税金が還付されます。

令和3年度の税制改正で控除期間が10年から13年に延長されています。
2位は「すまい給付金」で、51.9%と半数を超えました。
2014年4月の消費税率引上げによる住宅取得者の負担を緩和するために創設され、年収に応じて給付されますが、共有名義の場合は名義を持つ人すべてが給付の対象となります。

3位は「不動産取得税の軽減措置」不動産を取得した際に課税される地方税で、一定の要件を満たす建物・土地は軽減措置が設けられています。

一方、リフォーム編1位は「市区町村独自の補助金」コメントでは「他の制度に比べ認知度が低いように思われる」「リフォームでも受けられる補助金などを活用して住宅の再生ができる」との声が寄せられました。

2位は、「高齢者住宅改修費用助成制度(介護リフォーム)」手すりの取り付けや洋式トイレへの交換など、対象となるリフォームを行うと助成金が出る制度となっています。

不動産購入やリフォームの際は不動産のプロに相談することをお勧め致します。

ご相談・お問い合わせは、下記の「お問い合わせフォームはこちら」より、お気軽にご連絡ください!

▶︎まもりすまい住宅設備機器延長保証サービス

タイトルとURLをコピーしました