▶︎▶︎厳選おすすめ物件はこちらをクリック▶︎▶︎

固定資産税ってなに?

「マイホームを購入したら固定資産税を払うことになるけれど、いくらくらいになるの?」と不安に思う方も多いですよね。今回は固定資産税についてご紹介します。

固定資産税ってなに?

固定資産税って?
固定資産税とは、所有する不動産がある市町村(東京都23区内は都)から土地などの資産に対して課税される地方税です。
毎年1月1日時点に家などの不動産を所有している人に対して課税され、毎年必ず払うことになる税金です。

いくら払うの?
固定資産税は基本的には、以下の計算式で算出されます。
1.4%は標準税率で、税率は自治体が自由に決められることになっていますが東京都も含めて多くの自治体でこの税率になっています。
固定資産税額 = 固定資産税評価額(課税標準) × 1.4%(標準税率)

固定資産税の手続きはいるの?
申告などの手続きは特に必要ありません。
所有権を登録された自治体が1月1日時点での登記情報を元に納付金額を計算し、納税義務者である所有者へ納税通知書を送付します。

一戸建てとマンションの固定資産税の税額の違いは?
一戸建てとマンションでは、土地に対する税額が大きく違ってきます。
マンションの場合、敷地面積を戸数で割ったものが土地の所有区分になるので土地に対する固定資産税はそれほど高くはないですが、建物に対する税額は「減価償却期間」によりマンションの方が高い状態が続きます。
一戸建ての場合法定耐用年数:22年
RC造マンション→法定耐用年数:47年


中古マンションの残りの耐用年数は、以下の公式で計算することができます。
中古マンションの耐用年数
(47年-経過年数)+経過年数×0.2

固定資産税のしおり
固定資産についてわかりやすく書いてあります。
令和3年度版 固定資産税のしおりPDF

東京都主税局
固定資産税・都市計画税(土地・家屋)

総務省
固定資産税の概要

あわせて読みたい記事
▶︎まもりすまい住宅設備機器延長保証サービス
▶︎不動産のプロがおススメする支援制度

ご相談・お問い合わせは、下記の「お問い合わせフォームはこちら」より、お気軽にご連絡ください!

タイトルとURLをコピーしました