憧れの街「鎌倉」の住まい 暖炉付きリビングの広々庭付き2LDK 360度動画でご覧いただけます! こちらをクリック

不動産投資のポイント

不動産投資とは?

「不動産投資」と聞くとどのような印象を持たれるでしょうか
かつては不透明な営業が横行していたこともあり、誠実な印象を持たない方も多いと思います。

記憶に新しいバブルの崩壊の後、物件の中古流動化が進み、物件が多く流通するようになりました。
これにより現在はしっかりと不動産投資が行いやすい市場が形成され、立派な資産活用方法の1つとしてメジャーな手段になっています。

古くから行われている貸家業としての家賃収入目的に加えて、節税対策、ローンを組んで生命保険の代わりや年金の代わりにする目的の方も多くいらっしゃいます。

特に近年は2,500万円程度の物件が人気で、これらは預金代わりの資産運用、高齢者の物件の買い替え、相続対策など、様々なシーンで活用されています。

融資金融機関も多くなり、20代から70代まで年齢に関係なくチャレンジしやすい環境が整っているのが、現在の不動産投資の状況です。

不動産投資のリスクとリターン

不動産投資は、金融商品に近い特性を持っています。
不動産はそのもの自体に価値があるもの、現物が存在するものである「現物資産」です。
これらはインフレに強く、所得税・住民税・相続税の圧縮に対しての節税効果が高いのが特徴です。

不動産での投資はローリスクミドルリターンと言えるでしょう。
弊社では物件や運用方法によってその特性が異なりますので、目的にあった所有をご提案しております。

 

不動産投資に失敗しないための3つのポイント

副業の解禁などにより、一般のサラリーマンでも勤めている会社以外からの収益源を持つことは珍しくなくなりました。
その中で「不動産投資」に対しての関心も高いようで、弊社にもお問い合わせが増えております。

ひと昔前のような「不動産投資は怪しい、”まゆつば”だ」というような風潮は少なくなり、重要な収益源のひとつとして検討される方が多くなっているようです。

しかし、一定のリスクは確実に存在します。
知識もなく始めると失敗することもあります。
不動産投資は正しい知識を身につけていることによって、ぐっと成功確率が上がります。

ここでは、失敗例から見る「不動産投資に失敗しないための3つのポイント」を紹介ましょう。

無知

情報収集をして自分なりに結論を出した上で購入を決断しましょう。
不動産は金融商品に近い性質を持っているものです。
金利の動向や仕組み、価値が下落しそ言うな地域の選定など、必要があります。
そこには専門的な知識もあり、難易度が高いケースもあります。
営業マンからの情報と自分で調べた情報と、他の不動産投資会社などの情報も踏まえて、賢いオーナーになりましょう。

無計画な運用

長期プランのシミュレーションが成否を左右します。
不動産投資は高額商品を何年と所有する物です。
目先のお金にとらわれずに、収入だけではなく支出も含めて長期的な計画をしっかり立てて購入しましょう。
後になって、「こんなはずじゃなかった」と泣かずにすむように、プランを練っておくこが大事です。

タイミング

チャンスをものにする決断力が必要です。
不動産には人気物件というのが存在します。
知識をつけて吟味して選び出した物件こそ、特定の条件が揃っていればすぐに買い手がついてしまうことも少なくありません。
しっかりと練られた運用計画を活かすためにも、タイミングを逃さず、チャンスをものにしましょう。

不動産投資は危険ではありません

不動産投資は「危ない」「怪しい」「騙される」「損をする」などと、不誠実な印象をお持ちの方が多いのは事実でしょう。

突然かかってくる営業電話では、”おいしい”話を持ちかけてきたり、検討中に「すぐに契約したら値引きします」と焦らせてくることもあります。
確実に利益が出る保証がないにも関わらず、あたかも「利益が出ることは間違いなし」とセールスされることもあるようです。

しかし、不動産投資は事前の知識によって良い物件を見極めることや、運用計画を細かく練ることによって、利益が出る確率を高めることができます。
また不動産投資は買って終わりではありません。
事前の知識や準備に加えて 購入後には時流を読み取ることにより、不動産投資は決して危険ではなく効率的で立派な資産運用の手段となり得ます。

そのために何が大事か?オーナー様をお手伝いする良いパートナーを見つけることです。
営業マンの言葉を鵜呑みにせず、信頼して付き合える不動産投資の専門家とタッグを組みましょう。

私たちフィナンシャルアドバイザーズはお客様のライフステージとライフスタイルをサポートいたします。

タイトルとURLをコピーしました