不動産投資を始めようと思っています。自己資金は多いほうが得ですか?損ですか?

端的に言うと、自己資金が多い方が「得」です。

当然、限りある資金で不動産の担保余力で融資が受けられ、レバレッジ*をきかせた投資が可能ですので不足分について融資を受けることは有効な手段かと思います。

そこで一番の問題となるのが金利負担です。

融資自体に団体信用生命保険がついるので万が一の場合に保険でカバーされます。

しかし、支払っている金利は建物の分しか経費になりません。

全てを経費として計上できるのであれば借入をしていても給与所得から相殺できますが、不動産投資の場合の金利は建物の割合のみしか経費化できません。

よって、自己資金が多い方が「得」と言えます。

自己資金を使った方が得ではありますが、ご家庭のライフプランもあると思います。

お子様の進学や不意に現金が必要になったりと……。

また、物件を増やしたいのであればローンを極力使うのは有効ですね。

多くの方は融資をうまく利用されています。

*レバレッジ:借入金によって投資を行い、借入利子よりも高い利潤を得ようとすること

 

おすすめ物件

 

最新情報をおしらせします