不動産投資、いつが買い時?売り時?

年齢や家族構成、収入の増減、融資残高や景気によって変わります

ローンで物件を購入するには、生命保険が満79歳までしか加入できません。

例えば、サラリーマンの定年退職を考えると55歳の方がローンを組もうとすると融資年数は24年。

65歳退職を考えると毎月の負担は大きいですし退職時のローン残高も多く残ります。

しかし、同じ年齢の方でお子様が小さければ生命保険代わりに物件を長期保有するのも有効です。

投資なので若い時に物件を購入すればローン年数も長く組めますし、融資残高も家賃でどんどん減ります。

そうすれば、いつでも売れますよね。

​​​​​​​

それを踏まえて、それぞれの買い時、売り時があるというのが、答えになります。

ぜひ、ご相談ください。

 

おすすめ物件

 

最新情報をおしらせします