ワンルーム物件選びのポイントその2

3つのうちのポイントのうち、1つめは駅からの距離が徒歩7分以内であることをお話ししました。

投資に限らず自宅として購入する場合でもそうですが

「不動産は一生ものだ」

とか

「売れない」

とか言われます。

しかし、これはそうとは言い切れません。

需要のある物件であれば十分売れます。

弊社では、いくつもの成約事例があります。

そして実際にお客様は儲かっています。

儲かるための物件選びで重要なのが築年数ではないでしょうか。

建てられてからの期間が短い「築浅」の物件が良いです。

不動産の”築浅”というのは目安として15年未満でしょうか。

一生所有されても結構ですが、急な資金需要や相続人の手間を考えると築浅であれば、将来十分売却しやすいです。

しかし、この築15年。

管理状況によって大きく変わります。

不動産は立地と管理を買え。

と言われます。

駅からの距離は変わりません。

しかし、管理会社の管理の状況だけでなく、分譲当初の分譲会社のマンションの仕様によって、年数が経過した際に大きく優劣が現れるのです。

そこで将来の出口もの変わってくると考えます。

よって不動産投資にお薦めする物件は

住居用ワンルームで

1.駅から徒歩7分以内

2.築15年以内

3.管理会社・分譲会社

が選ぶときのポイントとなります。

 

おすすめ物件

 

最新情報をおしらせします