消費税増税 どうなるの?(2019年9月)

投資物件には良いところもあります!

最近、毎日消費税増税の話題がニュースに流れていますね。

いよいよ、2019年10月1日から消費税が8%から10%へ、増税になります。

生活雑貨などキャッシュレス化に伴い様々な軽減措置が取らるようです。

また、住宅も「すまい給付金」など経過措置があります。

基本的に、不動産の消費税は土地以外の建物の購入や建築費などにかかります。

ここでは、住宅用のコメントを控えさせていただき投資用についてお話ししましょう。

まず、投資用のマンション、アパートは建物代金と土地代金に分かれます。

今までもそうですが、土地には消費税がかかりません。

建物部分に消費税がかかります。

これは、新築でも中古でも同じです。

例えば、3000万円の不動産があったとします。

土地代が1200万円 建物代が1800万円とします。

一般的に不動産は、内税表記ですので建物代の1800万円は

税率8%の場合  消費税約133万円 建物価格1,670万円になります。

税率10%の場合  消費税約164万円 建物価格1,636万円なります。

ここで問題なのが、販売価格が同じであれば実質約30万円の建物価格の値引きになってしまうことです。

そこで、消費税はあくまで販売業者の預かり金なので、実質40万円程度販売価格を値上げしないと建物価格、預かり消費税の帳尻が合いません。

しかし、投資物件の良いところはその分も減価償却され経費化できる点です。

ほかのサービス(高速料金、入園料など)や生活雑貨も実質値上げのものが数多くあります。

日本の政策的にも「2%」のインフレを目指しております。

不動産価格も物価の一部です。

世界的に見ても日本の不動産はまだまだ安いようなのでこれを機に投資されてはいかがでしょうか?

 

おすすめ物件

お気軽にお問い合わせください。0120-918-122受付時間 10:00-19:00 [ 水・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらから スマートフォンからの電話はもこちらから発信できます

最新情報をおしらせします