コラム2-4 任意売却投資があなたの不動産投資物件になるまで その2

2020年2月20日

任意売却物件は閉ざされた特殊なマーケット

ちょっと変わったタイトルですが、スポーツビジネス業界でバイブルといわれている『エスキモーに氷を売る』という本があります。

ご存じの方もいると思いますが、ジョン・スポールストラというNBAのバスケットチームの代表が書いた本です。

彼はNBAで観客動員数が最下位だったチームを、独自のマーケティング理論によって、NBAでもっともチケット収入を伸ばしたチームにした人です。

この本が面白いのは、観客動員数が最下位のNBAチームを、補強もせず貧弱なチームのままで高収益のチームへと変貌させることに成功したことです。

つまり、魅力のない商品をいかに多くの人にセールスルかがテーマで、”奇跡のマーケティング”などとも呼ばれています。

もちろん、私たちの任意売却物件の紹介業務が同じだというのではありません。ただ、営業力という点では少し似ていると感じることがあります。

これまで解説してきたように、任意売却物件は入手ルートから見ても、閉ざされた世界の中で取引が行われる特殊なマーケットです。そもそも規模自体も小さいので、一般の金融投資商品のように効率良く売ることができません。

よくよく考えてみれば、不動産という商品自体も、ネット販売のような大量販売には向いていない商品なのかもしれません。だからこそ、電話営業が今でも成立する業界なのだと思います。

だから私たちはあまり広告は打ちません。自分の足と人柄で歩き回り、金融機関や回収会社、同業者、個人から売却に関する情報を得て、売り手と買い手の間を一つひとつ丁寧につなぐのが私たちの仕事の使命だと考えています。

それが閉ざされた特殊なマーケットの世界で活躍する、私たちの営業力なのだと思います。

次は

コラム3-1 任意売却物件にはゲイン以外にもこんなにメリットがある その1

投資リスクがあっても任意売却物件を勧める理由

です。

 

おすすめ物件

お気軽にお問い合わせください。0120-918-122受付時間 10:00-19:00 [ 水・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせはこちらから スマートフォンからの電話はもこちらから発信できます

最新情報をおしらせします