Original

【学費が免除??】不動産投資の赤字はお子様の学費の節約に・・・

不動産所得のマイナスは住民税の圧縮につながり課税所得が下がります。

不動産投資の醍醐味である節税は、経費の積み上げや帳簿上の赤字で給与所得と唯一相殺ができます。その為、収入が高い方でも課税所得が下がり税金の還付を受けられます。そこで、お子様の進学に際し学校へ所得証明を提出する機会がありますが、所得が下がっているため学費の免除、軽減が受けられます。また、子ども手当を受けられるチャンスがあります。


例えば、

・年収1000万円

・区分投資マンション5件所有

・家族 奥様 お子様2名

・課税所得240万円

・お子様の学費免除

収入が伸び悩むサラリーマン・・・

このパートでは、お客様が抱えていた課題や導入の背景を書きましょう。

「私も同じ課題を抱えている」ことを気付かせてあげることで、「課題を解決できるのでは?」と期待を持っていただく効果を狙います。

例えば、下記のような情報を盛り込みます。

・お客様とサービスとの出会いのストーリー

・導入決定の背景

・取り組んで着るときの状態

・取り組み始めて出てきた変化

・取り組んでいる期間

サービスを利用(購入)すると決めたポイントを見出しに盛り込みます

このパートでは、サービスの購入や導入を迷っている人に向けて、実際にサービスを利用している人たちがどのような理由で購入を決断したのかを伝えることにより、具体的なイメージを持ってもらい、決断しやすい状況を作る効果を狙います。

例えば、下記のような情報を盛り込みます。

・なぜ、導入を決めたのか

・その結果、得られた効果はどのようなものか

サービスを利用した結果、ポジティブに変化した数字を見出しに盛り込みます

このパートでは、事例の最大のポイントである「サービスを利用(購入)して、どのような効果があったか」を伝える部分になります。ここが事例記事でもっとも重要なところになります。

例えば、「売上が前年比30%アップした」や「来店数が利用前と比べて150%になった」というような具体的な数字を挙げるが絶対条件で、これによりサービスの導入や購入を決断していただけるかどうかが決まるというようなイメージで書きます。

また、もう一つ大きな要素とし実際にお客様が語られた感想を書くようにします。

この記事の最終パートではあると分かるような見出しをつけましょう

このパートは、この記事の内容をまとめるパートです。

事例のポイントを簡潔にまとめ、読者が内容をおさらいできるようにすることで、より良い未来の状態をイメージしてもらう効果を狙います。そして、読者の次のアクションを促します。

お問い合わせ

区分マンション・1棟アパートの任意売却未公開物件も多数取り扱っております。
お気軽にお問い合わせください。