catch-img

コラム2-3 任意売却投資は”時間””融資””リスク”に優れた不動産投資法 その3

任意売却物件ならローリスクで安心・安定の投資ができる


時間と融資(資金)の両面で優位性を味方につけた任意売却投資は、不動産投資のなかでも最強の投資法といえます。

優れた投資法であるがゆえに、そこには投資や経営するうえでの”安心”や”安定”も生まれます。


一般に不動産投資の主なリスクには以下のようなものがあります。


《購入するときのリスク》

(1)費用……不動産仲介手数料、税金、手数料、保険料などが本体価格以外にかかる

(2)瑕疵物件……建物欠陥、自殺者発生、劣悪な近隣環境などが購入後に判明


《経営しているときの主なリスク》

(3)空室……支出があるのに収入がない不動産投資にとって最大のリスク

(4)不良入居者……家賃滞納、近隣迷惑などお金を払って退去させる場合も

(5)地震……地震により投資物件の価値を失うリスク

(6)金利上昇……変動型ローンで急激な金利上昇時は収益がマイナスになる

(7)オーバーローン……物件を増やし過ぎたためローン返済ができなくなる

(8)不良管理会社……物件管理の怠慢や管理会社倒産によるサービス低下


《売却するときの主なリスク》

(9)費用……税金、不動産仲介手数料、金融機関等への繰上げ返済手数料

(10)流動性……売却時期や売却額が思い通りにいかない




(1)と(9)の費用についてはリスクに含めるべきか議論があると思いますが、気づかずに進めた場合はリスクになる可能性がありますので含めています。


ただ、これらのリスクに対しては、今の時代は空室保証や家賃保証などの保証制度や、地震保険や火災保険などの保険加入で、リスクを回避する対策が用意されていますので、あまり過剰に心配する必要はないと思います。


むしろ投資に過剰に走らないように心がけることが大切です。


もともと不動産投資は、株式やFXなどの投資に比べてリスクの低い投資法です。


手元資金がゼロであっても、任意売却物件に備わった時間と融資(資金)の優位性の下で、長期間にわたって安心・安定して経営するからこそ成功する投資法なのです。


次は

コラム2-4 任意売却投資があなたの不動産投資物件になるまで その1

任意売却物件は金融機関か個人から仲介業者を通じて入手

です。


最初から読む

コラム最新順

人気記事ランキング

不動産投資のポイント

投資コラム最新記事

物件レポート最新記事

お知らせ最新記事

カテゴリ一覧

Facebookページ

Twitter

SNSシェア