Original

コラム1-1 聞いたことはあるけど「任意売却物件」ってどんな不動産投資⁉ その1

任意売却物件は一般の市場には出ない”プラチナ物件”


「任意売却物件投資って、いったいどんな投資だろう?」

任意売却と聞いてあなたは、最初にどんなイメージを持たれたでしょうか?

一度は耳にしたことはあるけど、実際に見たり買ったりしたことのある人は少ないと思います。

ちょっと謎めいた感じがあります。


それでは「競売物件」ならどうでしょう? これならご存知でしょう。


ローンが払えなくなったり税金が納められなくなったりしたときなどに、債権者や役所に代わって裁判所が強制的に不動産の担保物件を差し押さえ、競売にかけて債権者に債務の一部として回収させる、昔からよく知られる制度です。


競売にかけられる担保物件がこの競売物件のことです。



一方「任意売却」は、こうした競売物件のように強制的に競売にかけられる前に、債務者自身が不動産業者を通じて自主的に売却し、そのお金を債権者に返済する制度です。


自主的に売却する不動産を任意売却物件といい、こうした任意売却物件を購入して投資する事を「任意売却物件投資」と呼びます。


「それなら、競売物件による不動産投資と大して変わらないじゃないか」


たしかに競売物件も任意売却物件も、ローン返済や納税に困って手放したマンションや住宅などの不動産ですが、いろいろな点で大きな違いがあります。

詳しくは後日ふたつを比較しますが、ここでは一つだけ紹介しておきます。


それは、

「任意売却物件が、一部の不動産市場にはほとんど出てこない物件である」

ことです。


競売物件であればマンションや住宅、土地でさえ、今やヤフオクで誰だって買える時代です。

大概の不動産業者が扱っていますし、全然、謎めいた存在でも希少価値のある物件でもありません。


でも、任意売却物件は違います。

まず供給量が多くありませんし、金融機関等との任意売却手続きが煩雑であるなど、不動産業者の中でも一部の専門業者だけが扱うことができる、希少価値のあるプラチナのような物件なのです。


それだけに、他の不動産投資物件と比べてたくさんの魅力を持っています。

それが、皆さんに任意売却物件をお勧めする最大の理由です。


次のお話は

コラム1-1 その2

任意売却物件はどんなふうに新しい投資物件になるのか

です。

​​​​​​​



最初から読む

コラム最新順

人気記事ランキング

不動産投資のポイント

投資コラム最新記事

物件レポート最新記事

お知らせ最新記事

カテゴリ一覧

Facebookページ

Twitter

SNSシェア